加齢のおかげで近視の度数がゆるみ視力回復が見られますが喜んでいいのか複雑な気持ちです

近頃今まで使用しているメガネでパソコンで文字を読んだり書いたりしていると、どうも画面が見ずらくなってきました。
それで以前使っていて今のメガネより近視の度数の低いメガネに取りかえてみたところ、非常に具合がいいのです。
先日メガネ店へメガネの金具の修理に出掛けた時、この現象を相談してみました。
するとメガネ店の人から高齢になると近視の度数が緩くなり、視力が回復することがあるとの話を聞きました。
すなわち加齢により老眼との関係もあって、視力が回復してきたというわけです。
視力が回復することは喜んでいいのでしょうが、それだけ加齢がすすでいることを考えると複雑な気持になります。
人間の機能というものは、実に複雑な構造になっているのでしょうね。
これでさらに高齢になって行けば、近視用のメガネが不要になってくるのでは?等と都合よく考えてしまいます。
私がメガネを着用し出してから、60年以上が経っていますので、メガネの無い生活は考えられません。
これまでメガネをかけずに生活できればと何度となく思った事もありました。
例えば泳ぐときにもメガネが必要なので、ゴーグルをつけて水中に潜ることが出来なかったこと。
また仲間たちと温泉地へ行って、先にお湯へ入っている仲間を探す場合でも、どこへ友達がいるのかメガネが湯気で曇って分からなくて困ったこともありました。
このように過去にはいろんな不便なこともありましたが、今まで私の目の補助をしてくれて助けられたことも沢山ありました。
今回の機会に改めてメガネに感謝したい気持ちで一杯です。