憎悪のイングリッシュと数学の検証で神頼み始めるも結果は・・・

ハイスクール時代のある日、俺は個々に言いました。
「頼りが起こるんやけど、Englishで思い付かところがあるから、試行に出そうなとこだけでも教えてくれへん?」
「は?なぜ自分に授けるなあかんの?」
コツを合せてお願いをする俺を個々は弱く視線をくれただけで一蹴しました。
ひどい。
私の正直なコメントだ。
確かに普段から勉強していなかった俺が低いのですが、
そこまで無碍にしなくてもいいのではないかと、僅かはかなくなりました。

あんな俺をよそに個々は窓の外部を眺めていました。
こうなってしまったらどれだけ頼んでも教えてくれる予報はないだろうと、俺は諦めて自力で勉強することにしました。
他人に仕込を請うキャラはダメなもの、と自分で独自をびっくりさせて勉強に勤しみました。

次の日の開始はEnglishと数学でした。数学は見限るとしてEnglishだけでもなんとかならない手法だろうかと思慮しました。
そして、俺はあることを思いつきました。
放課後、すぐさま自分は神社に赴き、有り金をトータル賽銭器物に投げ入れ、
明日の開始で程度項目以来を取れますようにと必死に懇願しました。

後々Englishと数学の試行は終了しました。
結果は言わずもがな。クリティカルでした。

むしろ神頼みはダメですね。
普段からコツコツ稽古しようと、
何時あげるかも思い付か気持ちをしたのでした。肥後すっぽんもろみ酢