慣性の基本とガリレオなどについて勉強した

慣性のパターンなどについて探究しました。ガリレオ・ガリレイ(1564〜1642層)は、天体望遠鏡をつくり、土星の輪や木星の衛星を発見したり、ふりこういう等場面性を発見しました。主人は、のぼるなめらかな斜面の傾きを次第にゆるやかにして赴き、傾きを0にした際物質はどこまでもおんなじ速さで進んでいくと考えました。こういう発想はニュートンに引きつがれ、慣性のパターンとしてまとめられました。ニュートンは、活動に関する3つのパターンを見つけました。そのうちの2つのパターンは慣性のパターン、衝撃・副作用のパターンだ。物質がものを移す働きを有する際、その物質はやる気を有するといいます。愛車の速さがダブルになると活動やる気は4倍になり、衝突したときの落胆も大きくなります。このため、足取りの取り出しすぎによるアクシデントは大変危険です。このようなことを探究しましたが、時間があるときに慣性のパターンなどについて細かく勉強したいなと思いました。ミュゼ 鼻下脱毛

テレビでやっていたバミューダトライアングル

何時だったかTVで、バミューダトライアングルの不明がやっていました。
バミューダトライアングルとは、フロリダ半島の先と大西洋にいらっしゃるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んです海域だ。
結んだら、三角形になるので、トライアングルと名づけられました。
昔からその海域を受かる船や、航空機、船員全員が去るという不思議な実態が置きていたらしいだ。
乳幼児の内、そういった世界の7不可思議みたいな小説を読んだことがあるなと思い出しました。
そこを受かると、計器が壊れ出すそうです。
TVで見るときれいな海岸で、特別変わった面もないように見えました。
いまでも、ロジカルに追及できない不明がたくさんあります。
迷宮と言うか、こういった課題は好きですね。
バミューダトライアングルの海域の海底には、盛り上がる氷と仰るメタンハイドレートが豊富存在しているそうです。
居残る、サイエンティストは、それらが海底で破裂したのが原因ではないかと。
未だ不明は居残るようです。http://esco-kor.com/