慣性の基本とガリレオなどについて勉強した

慣性のパターンなどについて探究しました。ガリレオ・ガリレイ(1564〜1642層)は、天体望遠鏡をつくり、土星の輪や木星の衛星を発見したり、ふりこういう等場面性を発見しました。主人は、のぼるなめらかな斜面の傾きを次第にゆるやかにして赴き、傾きを0にした際物質はどこまでもおんなじ速さで進んでいくと考えました。こういう発想はニュートンに引きつがれ、慣性のパターンとしてまとめられました。ニュートンは、活動に関する3つのパターンを見つけました。そのうちの2つのパターンは慣性のパターン、衝撃・副作用のパターンだ。物質がものを移す働きを有する際、その物質はやる気を有するといいます。愛車の速さがダブルになると活動やる気は4倍になり、衝突したときの落胆も大きくなります。このため、足取りの取り出しすぎによるアクシデントは大変危険です。このようなことを探究しましたが、時間があるときに慣性のパターンなどについて細かく勉強したいなと思いました。ミュゼ 鼻下脱毛